“カムバック”「SNUPER」、新作に向け多大な努力…「サンイルは“練習の虫”、寝ながらも歌っている」

2016.11.14

“カムバック”「SNUPER」、新作に向け多大な努力…「サンイルは“練習の虫”、寝ながらも歌っている」

韓国アイドルグループ「SNUPER」がニューアルバムを準備する上でのつらい努力を伝えた。

「SNUPER」は14日午後、ソウル・江南区イルジアートホールにて開かれた3rdミニアルバム「Rain of Mind」のショーケースで、「1周年を迎えて、確実に(パフォーマンスを)お見せしようと、ダンスと歌の練習を本当に一生懸命した」と述べた。

メンバー、ウソン(22)は「サンイル(23)ヒョン(=親しい年上の男性に対して使う言葉)は練習の虫だ。寝ながらでも歌を歌う」と暴露した。これにスヒョン(24)も「サンイルは寝ながら一途にイム・チャンジョン先輩の歌を歌う」と話し、笑いを誘った。


続けて、サンイルは「僕は努力する特別な方法はないが、予習・復習を徹底し着実に努力した」と明かした。また、「僕らは『YOU=HEAVEN』の活動を終え、3か月ぶりにカムバックした。当時、韓国での活動後、日本でデビューし、その後は今回のアルバムに努力を重ねた」と語った。

今回のアルバムは「心に振る雨」という意味を込めた。「SNUPER」とデビューから共にしてきたSweetuneの支援を経てタイトル曲「It's raining」が誕生した。イントロを含め計6曲が収録されている。

3度目の活動では、以前の可愛らしさではなくカリスマ性があり、さまざまな面で成長した姿を見せたいという意思を示した。

WOW!korea提供