「取材レポ」BTOB“Melodyと僕たちはいつまでもひとつです!”ヒーリングアイドルBTOBが「BTOB SPECIAL MINI LIVE SHOW」開催!

2016.05.28

officialIMG_0611

K-POP界のヒーリングアイドルとして人気を博している7人組グループBTOB。2012年に韓国デビュー、2014年に日本デビューを果たし、着実に実力をあげている今注目のグループだ。来月6月15日には日本5thシングル「L.U.V」の発売が決まり、ますます活躍が期待されるBTOBが、5月15日(日)に「BTOB SPECIAL MINI LIVE SHOW」を東京・ZEPP Diver Cityで開催した。

グレーのお揃いのジャケットで登場したBTOB。ステージ中央で円陣を組む振付からスタートする楽曲「Thriller」は、少しダークでクールな印象。続いて、アップテンポが楽しい「ALL WOLVES EXCEPT ME」をノリノリで歌い上げるメンバーに会場も大盛り上がり。

official_IMG_0222 official_IMG_0370

2曲歌い終わると、MCのAKIが登場。以前一緒に仕事をしたことがキッカケで仲良くなったAKIとBTOBのメンバー。チャンソプはハグでAKIを出迎え、和やかなムードに。自己紹介タイムでは、ヒョンシクが「BTOBのヒョンシクでーす!今日ここにいる皆さんの頭を“よしよし”したいですねー!」とあいさつすると会場からは黄色い歓声が上がった。
最後は「やさい男!チャンソプです!やさしい?やさい?やさい男です!」と、自信満々にあいさつするチャンソプ。AKIから「ちなみに何の野菜ですか?」と聞かれると、「うーん、ブロッコリー!」と、意外な回答にファンも爆笑。

official_MG_0627 official_MG_0634

AKIから近況を聞かれると、BTOBの末っ子ソンジェが「舞浜に釣りに行きました!でも魚がいなかったです!僕が釣れないんじゃなくて、海に魚がいなかったんです(笑)」と、茶目っ気たっぷりに答えた。さらにAKIから「Thriller」のチャンソプの脇からウングァンが顔を出すパートが見たいとリクエストに応える場面も。チャンソプとプニエルのペアでも見たいという声があがると、プニエルがチャンソプの足の間から顔を出し、会場を沸かせた。

さらにAKIから「では、次の曲紹介を愛嬌たっぷりにお願いします!」と、無茶ぶりされたウングァン。恥ずかしそうに「次の曲は…ケンチャナヨ♡」と愛嬌を披露して、「ケンチャナヨ(It’s Okay)」のイントロがスタート。椅子を使ったパフォーマンスにしっとりとしたメロディにファンもうっとり。

official_MG_0713 official_MG_0754

ライブ中盤では、今年3月に韓国でカムバックした楽曲「Remember That」も披露。歌い終わりには「Remember That」が地上波音楽番組で自身初となる1位を祝って、サプライズケーキが登場。ケーキを見るやいなや、すぐにつまみ食いを始めるメンバーたち。ミンヒョクが生クリーム付きの苺をファンに投げるなど、メンバー全員喜びのあまり、テンションがあがっている様子だった。

official_MG_0858 official_MG_0936offifial_IMG_0666

「Remember That」のMVはミンヒョクが主役のストーリー仕立てになっており、AKIから「ミンヒョクさん、演技するうえで難しいことはありますか?」という質問が。するとソンジェがマイクを持ち、「そうですねー」とミンヒョクになりきって回答。耳打ちで答えを聞き出そうとするも、何も答えてくれないミンヒョクに「何も難しいことはないです(笑)!」と、頭の回転を利かせた回答でファンの笑顔を誘うソンジェ。

official_MG_0952officialIMG_0212

ウングァンも演技について聞かれるとメンバーからは「ウングァンは人生が演技だからね」と、いじられっぱなし。それに負けじと「泣きの演技が得意です!」というウングァンが、電話口で泣く演技を披露。真剣な顔で挑むウングァンだったが、涙をこらえようと自分の拳を口に入れてみせ、会場を笑わせた。

ライブ中盤戦は、プニエルの愛嬌で曲紹介をした「Dear Bride」からスタート。続いて、日本2ndシングル「未来(あした)」も披露。その後のMCでは、ミンヒョクが「ウングァンはいつも間違えるんです。何度言っても毎回間違えるんですよ~」と暴露し、ウングァンの振り間違えの話題で盛り上がった。

official_MG_0960official_MG_1234official_MG_1262

最後に、ファンに向けてメンバーそれぞれがあいさつをした。プニエルは「今日は見に来てくれてありがとうございます。さっきの愛嬌は記憶の中から削除してください」と、先ほど披露した愛嬌が相当なダメージだった様子。ヒョンシクが「これからも我々の応援お願い申し上げます。いつもありがとうございます」と、丁寧な日本語で話すと会場からは感嘆の声が漏れた。それに便乗したイルフンやウングァンも「我々」を連呼。イルフンは選挙演説のようなハキハキとした喋りで「今日もみんなに会えてうれしかったです!ケーキも出てきて気分がいいです!我々は!一念発起して!世界平和のために!頑張ります!」と、知っている日本語を羅列していた。

official_MG_1029officialIMG_0286

ミンヒョクは「僕たちが運転するバスに乗って、みなさん死ぬまで一緒に行きましょうね!よろしくお願いします!」と、これからもMelodyと共に歩んでいく約束をした。最後はリーダーのウングァンが「5月のイベントスケジュールが今日で終わりですね。寂しいです。でも6月に新しい曲が出ますから期待してください!Melody(日本公式ファンクラブの名称)とBTOB、我々はいつまでもひとつです!」と締めくくり、会場を盛り上げライブの幕を閉じた。

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

■BTOBオフィシャルホームページ https://btobofficial.jp/

■BTOBオフィシャルTwitter https://twitter.com/BTOB_JPN