「速報」Block B「Block B 2016 Live ‘BLOCKBUSTER IN JAPAN’」開催!

2016.05.11

_H4I7674_WEB愛すべきWARUGAKI 7人組アーティストBlock B。4月に行われた韓国での初の単独コンサートの熱気をそのままに、5月9日(月)、10日(火)東京国際フォーラムAにて「Block B 2016 Live ‘BLOCKBUSTER IN JAPAN’」が開催された。
1年11か月ぶりとなる新アルバム「Blooming Period」で韓国カムバックを果たしたBlock B。10日公演のオープニングはリードアルバムの新曲「A Few Years Later」からスタート。続く「NICE DAY」、「HER(Japanese version)」、「Mental Breaker」、「ACTION」とBlock Bらしいビートの効いた楽曲で観客の熱気はスタートから最高潮に。

_H4I5583_WEB_H4I5583_WEB

_I4I0225_WEB
古代から現代、未来まで歴史の流れをたどるような映像やセットをバックに、時代の特徴を思い起こさせるようなステージを繰り広げ、テイル、P.O、ユグォン、パクキョン、ジコ、ビボム、ジェヒョ、メンバー7人がそれぞれの個性が引き立つユニットやソロのステージでもファンを沸かせた。
_I4I0391_WEB

_I4I3978_WEB

_I4I0719_WEB

パクキョンとジェヒョの「普通の恋愛」では、ジェヒョが可愛らしいワンピース姿に女装して登場する場面も。ジコの「君は僕 僕は君」、ユグォン、ビボム、P.Oのユニット、BASTARZの「品行ZERO(Japanese version)」ではクラブのように盛り上がり、テイルの歌唱力が引き立つソロ曲「愛だった」では伸びやかな歌声にファンは静かに耳を傾けた。

160509__13686_WEB

_L7T7509_WEB

_I4I3942_WEB

_I4I1153_WEB

 


これまでのBlock Bのやんちゃなイメージを脱ぎ捨てたメロウな雰囲気をまとう新曲「Toy」では、感性的なラップと穏やかな歌声でBlock Bの存在感と音楽性の幅広さを見せつけた。6月15日(水)に早くも日本4枚目となるシングルとしてリリースされる同曲についてユグォンは、「日本語バージョンも期待してください!」と伝えた。
ライブ終盤には夏の東名阪ツアーも発表され、ファンは歓声を上げて喜んだ。

アーティスト写真

詳しいレポートは後日掲載します。
2016年5月10日 am1 時10 分 (C)Korepo
Block B JAPAN OFFICIAL SITE http://www.block-b.jp/