「コラム」日本と違う韓国のビックリ/第11回/韓国でタクシーに乗る

2017.10.22

7r18yyCU0YscyhF1460453692_1460453711第11回 韓国でタクシーに乗る

韓国でタクシーに乗ると、驚くことが多い。日本との比較で言うと、まず、料金がとても安かった。感覚では5分の1くらい。値上がりが続いて日本との差は縮まったが、それでも「運転手はどうやって暮らしているんだろ」と心配になるほどで、今でも「安いなあ」と思えるレベルである。

 

突っ込みどころがたくさん
韓国のタクシーは、街中で相乗りが普通にある。

目的地が近いと、たとえ先客がいても、運転手は平気で他の客を乗せる。それがわかっているから、客のほうもタクシーがつかまりにくい夜の時間帯になると、通行するタクシーに向かって路上で目的地を叫んでいる。運転手のほうも、そんな相乗り客の声を聞き逃すまいと歩道側に注意しながら走っている。

日本ではまったく見られない光景である。

たとえ相乗りでも、料金は自分の分をしっかり取られる。運転手も稼ぎの悪さを相乗りで補っているのかもしれない。

次に、乗客が乗る位置である。日本なら、1人の乗客の場合にかならず後部座席に座るが、韓国では助手席に座る人も多い。

後部座席が空いていて、前に運転手と乗客が並んで座っている。見慣れない様子なので違和感がある。2人が友人同士のように仲良く見えるのは微笑ましいのだが……。


他にも、「後部ドアが自動ドアでないこと」「路上でタクシーを呼びたいときは、日本のように手を上げるのではなく、手を水平から下に差し出すこと」などが日本と違う。

さらに、運転手が出すスピードも、日本よりずっと速くなる。地方の田舎道を飛ばすタクシーには肝を冷やすが……。

(2ページにつづく)