「コラム」日本と違う韓国のビックリ/第4回「韓国のバスには驚かされる」

2017.10.12

 

100キロで疾走するバス

乗っていた路線バスがスピード違反でつかまったことがある。そのときの運転手と警察官のやりとりが面白かった。
年上の運転手は警察官に強い口調で文句を言い続けていて、年下の警察官は過敏に反応しないように気をつけながら、しっかりと違反の手続きを終えていた。こういう場合でも「長幼の序」が生きていたのは韓国らしい。
それでも、運転手の立腹はおさまらなかった。違反を取られて再び動きだしたバスは、さらにスピードを出して田舎道を疾走した。
100キロは出ていただろう。

「もう1回つかまったら、どうするのか」
そう考えるのは乗客だけで、運転手は「本当のスピード違反を見せてやる」という気持ちだったのかもしれない。乗っているほうは、たまったものじゃないが……。
今の韓国では、都市部のバスは平穏に運行されている。乗客が多い中で運転手もわがままにできない。
しかし、地方に行くと事情は変わる。乗客は個性の強い運転手のバスに「乗せていただく」のである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供:ロコレ http://syukakusha.com/

 

東方神起のユンホ!復帰作に『メロホリック』を選んだ理由は?

東方神起ユンホは「人の心を読める超能力者」をどう演じるのか?

韓国メディアは東方神起ユンホの除隊をどう伝えたか

東方神起ユンホが兵役で悩む若者に勇気を与えた