SUPER JUNIORイェソン、“多様な姿を見せるので見守ってほしい”「錐」

2015.11.21

201511191324771934_564d4efaad530

人気アイドルグループSUPER JUNIORイェソンが、劇中のキャラクターのファン・ジュンチョルに格別な愛情を表現した。
JTBC「錐(きり)」で、マートの水産パート主任のファン・ジュンチョルで熱演中のイェソンは、初の演技へのチャレンジだとは思えないほどに安定した演技力で視聴者の好評を博している。そんな中、イェソンがファン・ジュンチョルのキャラクターについて本人の考えを伝えた。

劇中、ジュンチョルは協力会社の接待事件の濡れ衣を着せられて懲戒審査に出たのをきっかけに労働組合に積極的に加わるようになった。しかし、最近放送でジュンチョルは労組活動と現実的な安住の間で悩みながら視聴者の耳目を集中させた。結婚を控えているうえ、労働組合員の月給だけ減らされると言う状況で隠して来た悩みを打ち明けた。
結局ジュンチョルは最後まで会社と闘争する意志を仄めかし、彼の苦悩は誰でも経験しそうな事なので視聴者の同情を買っている。労働組合の中で一番現実的な悩みで共感と慰労を伝えているという。

イェソンは、「実際でもジュンチョルのキャラクターに似ている点が多いです。だから演技をしながらジュンチョルの行動や心が理解できました。僕がジュンチョルのような状況に陥ったら僕も同じように行動するでしょう」と伝えた。
そして「今後ジュンチョルが多くの内的な葛藤を経験しながら様々な姿を公開する予定です。愛情と声援で見守ってくださったらいいと思います」と伝えた。
先回の放送では、ジュンチョルとチュ・ガンミン(ヒョヌ)の学生時代からマート入社前までの様子が描かれた。長年の友達であるふたりは苦しい時も一緒に助け合う様子が胸を打った。21日の午後9時40分放送。